サイコセラピー、カウンセリング:

子供・青年・大人・カップル・家族のため、躁鬱・不安・人間関係・親子関係等の精神的な悩みをサイコセラピー・カウンセリングいたします。

メッセージ

私も心理療法を受けれるかしら?

 「もっとうまく人と付き合いたい」、「自分のことを好きになりたい」、「困っているけどどうしたらいいのかわからない」、「自分のことをもっとよく知りたい」、「子育てに困っている」、「ストレスが溜まって生活に悪影響している」、「パートナーと別れてしまったので死にたい」、「食べた後にわざと嘔吐してしまうので病気になりそう」、「友達がいない」、「母が亡くなってしまってので自分は鬱になってしまった」、「レイプされた」、「同姓の人に性的な魅力を感じているような気がするがよく分からない」、等。 上記等のようなことでお困りの場合、心理療法が役に立つかもしれません。
 心理療法が役立つ症状の例として次のような事などがあります:躁鬱、不安、パニック、恐怖心、不眠、摂食障害、社交問題、勉強問題、性的問題、人間関係問題、自尊心喪失、注意欠陥多動症、学習障害、アスペルガー、親子関係問題、性的アイデンティティー問題、適応問題、仕事のストレス、事件の被害者、トラウマ、PTSD、虐待被害者、喪中、離婚、自殺願望、孤独感、怒り、身体的な病気、コミュニケーション問題、薬物依存、など。
 心理療法は精神的な苦痛を減少し、精神衛生を促します。大野木博士はアメリカと日本両国で教育とトレーニングを受けた資格のある臨床心理学博士です。様々な年齢、国籍、性別の人々と色々な問題に取り組みます。治療は個人個人のクライアントにとって一番よい治療家庭と結果を促すため、具体的なニーズにあったものを選びます。すべての面接の内密性は厳密に守られます。


お問い合わせ
クリニック所在地

COPYRIGHT. ドクター大野木 サイコセラピー・カウンセリングクリニック All Rights Reserved.